: 道路改修工事のお知らせ 平成29年春彼岸

愛しいペットと過ごした楽しい時間は、すべてが宝物です。

 

その大事な思い出をいつまでも手元に残しておきたい、
亡くなった家族を身近に置いて供養したいと考えるのは、当然のことでしょう。

 

高尾霊園ではそうした願いにこたえ、ペットの位牌をご用意しております。

人の位牌と同じく、住職が開眼供養(魂入れの供養)をおこなったうえで、
みなさまにお持ち帰りいただき、お手もとに置いていただけます。

 

思い出の写真を入れたり、ご家族の思いをこめた言葉を記すこともできますので、
いつまでもペットとの美しい思い出が色あせることはありません。

 

標準的な白木の位牌のほか、塗り位牌、クリスタル位牌、プラーク位牌をご用意しておりますので、
それぞれのイメージに合わせてお選びいただけます。

 

いつまでも皆様のお手もとに置いて、
ペットの在りし日を思い出すよすがとしてお役立てください。

関連用語

開眼供養 (かいげんくよう)

開眼供養とは、『目を開く』という意味があり、新しい仏壇やお位牌、新たに建立した墓石に魂を入れるご供養のことを言います。いわゆる『魂入れ』です。
仏壇や、中に納めるご本尊やお位牌は、購入しただけではただのモノにすぎません。お坊様に開眼供養をしていただくことによって、仏壇を清め、ご本尊やお位牌は魂がこめられた意味のあるものとなります。
一般的に、お墓に関しては、完成してお骨を納める時に。お位牌に関しては、故人の四十九日法要の時に開眼供養を執り行います。

撥遣供養 (はっけんくよう)

永らく礼拝の対象とされてきましたお墓・お仏壇・ご本尊・お位牌は、感謝の念を持って、必ずお坊様にお願いして撥遣供養(魂抜き)を執り行ってください。それ以外のお札、仏具などはお焚き上げでも構いません。

供養とは

『供養』というのは、仏・法・僧の三宝や死者の霊などに対して、身・口・意(こころ)の三つの方法によって供物を捧げることを意味します。お寺で行なわれる朝・昼・晩のお勤め、お施餓鬼や開山忌などの法要、また仏壇の前で日々手を合わせること、お墓参りなどはいずれも供養の一つです。
このように、『供養』という言葉には様々な意味があります。その中でも、皆様方にとってもっとも関係の深い供養は、『法事』ではないでしょうか。『法事』とは、仏前に供物を供える、読経をするなどの善い事を行なったことによる功徳を、亡き人に得せしめ、やがては悟りに至らしめるためのものです。
このように自分の修した功徳を他にふりむけることを「回向(えこう)」といいます。お経を読んだあとに、このお経は何の為に読みましたという回向文を必ずお唱えします。回向文は、「自未得度先度他【じみとくどせんどた】(意味:自らが救われるより前に、他人を救おうとする心)」を常に意識するために行います。
お坊様が読経し法話をするということは、お釈迦様在世の頃から行なわれております。中国のお経の中には「父母兄弟、和尚の亡滅の日、及び三七日、七七日(四十九日)にも、またまさに大乗の経律を講ずべし」とあります。このように昔から、ご供養を行なうべきこと、またその期日についての教えがあったことが分かります。
ちなみに日本において、最初に供養の法要を行なったのは聖徳太子であるといわれています。

お位牌

お位牌はその昔、中国から伝わってきました。日本では鎌倉時代、お寺にお位牌をまつるようになり、更に江戸時代、直接的には檀家制度が位牌普及の原動力となりました。それは、檀家制度により各家に檀那寺(所属寺院)が決められ、先祖供養を行うことが社会の仕組みとして指導されてきた関係上、先祖の年忌に僧侶を呼ぶことが広まり、その際の供養具として位牌が欠かせないものとなったからです。
この時代、先祖の年忌には僧侶を呼ぶことが広まり、その際の供養具として位牌は欠かせないものとなったといわれております。

白木のお位牌と、仏壇の中の塗りのお位牌

白木のお位牌は、葬儀の時から四十九日までおまつりするものです。
仏教では、四十九日まで、故人の行く先は決まっておらず、四十九日に成仏するとされています。この時までに仏壇におまつりする塗りのお位牌を準備し、法事の時に白木のお位牌の撥遣供養、塗りのお位牌の開眼供養を行ってください。
開眼していないお位牌は、必ず開眼をしてから、お仏壇の中におまつりください。

お位牌の種類

夫婦位牌・・・夫婦の場合は、表も裏も向かって左側に男性の戒名・俗名(生前名)が書かれます。
分家のお位牌・・・先祖代々のお位牌は家の長男しか作らないという風習がありましたが、本来お位牌は、ご先祖様に対する気持ちを表すものなので、長男でも、次男でも、各家で作っていただき、仏壇の中におまつりいただいてもよいものです。
繰り出し位牌(繰り位牌)・・・多数の木の札が重ねて納められた位牌で、木の札一枚一枚にお一人の戒名等が記されております。

古くなったお位牌

長い日々が立つと、お位牌は古くなります。買い替える、繰り位牌にする、過去帳にまとめる時は、必ずお坊様にお願いして古い位牌の撥遣供養(魂抜き)と新しい位牌の開眼供養(魂入れ)を執り行ってください。古い位牌はそのまま放置しないでください。

お申し込みお問い合わせ紹介フォーム